« | »

ひさしぶりの明菜ディナーショウ

独身時代はあちこち行った明菜さんディナーショウ。
子供が生まれてからは、子供の事優先で控えていました。

ところが、娘がまさかの明菜ファンに。
いろいろやりくりして、
娘の付き添いとして(?)10年以上ぶりにいってきました。
(ショウ自体のレポートは明菜ファンの皆さんが書いているので、検索してみてください。)

娘の体操の関係で、空いているのは月曜日だけ。
場合によっては近場の遠征(笑)も考えたけど、幸い最終日の東京が月曜日。
事前に届いたチケットのテーブル番号をホテルに問い合わせると、前の方ではないけど、普通にステージが見えそうな辺りで一安心。

通販でたのんだドレスが届いた頃から、娘はもう期待一杯モード。サンタさんの事もどーでもいい様にみえます。
ドレスは着てみると少女Aのチビ菜風だったので髪はポニーテールにすることにしました。

当日、渋滞をぬけて会場に到着。
更衣室あたりは閑散としていて拍子抜け。
でも、会場フロアに入ってグッズ売り場あたりに行くとテンション上がります。

娘と嫁さんが買ったグッズを見ている間に、私はロビーうろうろ。知り合い見つけて娘と嫁さんを紹介。
さらに友達と暫し歓談。10年の時間を飛び越えます。
テーブル番号を聞いてみると、なんと同じテーブル隣の席(^_^)

ディナーの間には、日本初の明菜ファンサイト(私調べ)の管理人さんにもかなりひさびさにご挨拶。
元気そうで安心しました。

いよいよショウ開始。
おちびさんの娘は、ママの膝に座って初の生明菜さん。
すんげー楽しそう。
会場内を見回すと、まわりのお客さんもみんな楽しそう。
周りの人がみんな楽しんでるこの雰囲気、懐かしいなぁ。

楽しいショウもあっという間に終わってしまいました。
でも娘は満足そう。
来年もコンサートやディナーショウにこられるといいね。

追伸
娘のディナーショウレポート


更に追伸
会場で会った古株のファンの方が娘に「ありがとう」って言ってくれてました。
そう、新しい(しかも若い)ファンが増えるのは嬉しいんだよね。
若いから知らないことが有っても当たり前でそれを小馬鹿にしたような態度は取りません。
あと、ここらへんの皆さんは、明菜さん本人はもちろんのこと会場やスタッフに万一不満があっても公のところでは話したりしませんね。ディナーショウ等を主催するホテル側にとっては、客層含めての明菜さんの評価になってしまうので。

レスポンス

ありません。

コメントする





Trackback URL