« | »

うろうろ日誌 2017年11月03日

午前中、娘と電車で地元の博物館
午後、娘と電車で、ポリスミュージアム
ヨドバシアキバ経由で地元に戻ってサイゼリアで晩飯食って帰宅。


今日は娘ちゃんの体操もお休み。
で、博物館のハシゴをしてきました。

まず午前中に自転車で地元の郷土資料館へ。
先日、学校でも行ったばかりだけど、そのときにはメモ取るのが忙しくてあまり見学できなかったんだって。

娘ちゃんは自分の自転車のるのも久しぶり。
あまり通ったことない道をグネグネ回りながら到着です。

企画展で、地元に限らない昔の暮らし展をやっていたのでまずはそちらから。
見学者はうちの他には2組程度とガラガラ。

ダイヤル式黒電話でもしもし。
ローラーで絞るタイプの洗濯機に興味津々。

常設展では、昭和初期頃の農家の中に入ってしげしげ。
地元で出土した縄文式土器は興味ないみたい(笑)

一通り見学して満足したあと図書館にちょっとよってから帰ります。

うちにつくとちょうどお昼。
三人でご飯食べて、一休みしてから京橋のけいさつ博物館へ行きます。
先日伊東屋さんに行った時に前を通って「こんどまたこよう」と約束してた場所です。
あと、3DSのすれちがい通信もしたいので、ヨドバシアキバにもよる予定。

帰りは暗くなりそうなので、駅までの自転車は二人乗り。

電車で有楽町まで行って、まずは交通会館で夕張メロンソフト(笑)

首都高KK線の横を通って、けいさつ博物館へ。

私は「警察PRセンター」て名前だった前の建物のころ、屋上でローラースケートをやらせてもらいに友達と何度か来て以来。
子供だけで電車で出かけると叱られた小学生時代、「警察に行くんだからいいじゃん」と勝手な理屈をこねてました。

中に入ると意外と混んでます。
婦警さんのコスプレ衣装をかしてくれるそうだけど、人が多いので娘は照れて素通りです。

まずはエレベータで5Fまで行っておりてきました。
最初はいきなり歴代の殉職警官の紹介コーナー。
血の付いた制服もあつたりしてビビる娘ちゃん。
ほとんど警部補だけど、殉職による特進でだろうから、危ない目にあう現場は巡査や巡査長がほとんどってことなんでしょね。

そこから先は、ゲームっぽい展示やマルチ画面のビデオが流れていたりして、けっこう子供たちにうけていました。
娘は幼稚園の運動会でガード隊をやった事があったので、警視庁音楽隊カラーガードの紹介も興味を持ったみたい。


「警視庁から各局・・・・緊急配備を発令する。京橋どうぞ」
みたいな警察無線も久しぶりに聞けました。
でも、一部機器が壊れていて正解を選んでいるのに不正解になって先に進めないクイズやブリント用紙が切れていたり、ちと残念なこともあり。

順に降りていって一階まで到着すると、やっぱり制服着て写真撮ってみるって。
申込書を書いて借りた婦警さんの制服を着て、外のRX-8パトカーや白バイ・ヘリとともに写真を撮りました。
制服を返すと、受付終了してたので、ぎりぎりだったようです。

次は、京橋駅まで歩いて地下鉄で末広町へ。
銀座線の電車の中は、リニューアルオープンする上野松坂屋の広告だらけでした。

末広町から南下して旧ヤマギワ前を曲がって線路を超えてヨドバシへ。
外のベンチでしばらくのんびりして、何人かと3DSのすれ違いをしてから店内へ。
ゲーム売り場に行ってはみるものの、ピンとこないらしく店内うろうろ。
なぜかフィットネス用品コーナーで筋トレして撤収。

電車に乗って地元のサイゼリアで晩飯たべて帰ってきました。

レスポンス

ありません。

コメントする





Trackback URL